50歳転職方法まとめ|転職に苦労している方へ

*

エージェントの活用法

   

転職エージェントは無料で利用できるって本当?

 転職のためにエージェントを活用する求職者は増え続けています。しかし、転職エージェントの仕組みが分からず、利用を躊躇する方も多いようです。

 公的機関が運営するハローワークと違い、転職エージェントは民間企業です。ですから業務を遂行することで収入を得る必要がありますが、転職エージェントは転職活動者へは無料でサービスを提供し、その代わり、求人を掲載する企業から紹介手数料を徴収します。

エージェントの役割とは?

 転職エージェントは、厚生労働大臣の許可を得た民間の職業斡旋会社です。転職エージェントの役割は、正社員採用を企画する企業側が必要としている人材を探し出し紹介することです。ですからエージェント側にとって最大の顧客は企業側になります。

 それでは転職希望者への対応はおざなりか?と言えば、すべてがそうではありません。転職希望者が採用されれば、その人は顧客先の正社員になるわけですから、転職希望者も有望な顧客先の一員とみなされます。しかし残念ながら最初の段階で、転職エージェントが転職希望者を値踏みするのは間違いありません。転職はまったく無理だろうと判断されれば、門前払いされることもあるようです。とは言え、少しでも望みがあれば引き続き求人を紹介してくれます。その場合は転職希望者の要望や能力を考慮し、適切な企業へ紹介してくれます。

 転職エージェントにとって転職希望者は『商品』と同じです。引く手あまたの売れ筋商品であれば、全力で囲い込み、高く買ってくれる取引先に売りさばきます。少し見劣りがする商品でも、できるだけ高く売れるように化粧直しをして売り込みます。

 転職エージェントの担当者は営業マンですから、できるかぎり転職希望者が売れるよう企業側に押してくれます。転職エージェント側が企業とのパイプを強く持っているのならば、紹介した商品である転職希望者は採用される確率が高まります。

 書類選考、面談と進み、両者の同意が得られ最終的に採用が決定すれば、転職エージェントは成功報酬を得られる仕組みとなっています。つまり企業に人材を販売することが転職エージェントの役割なのです。

 - エージェントの活用方法

  関連記事

no image
エージェントとの付き合い方

良いエージェントと悪いエージェントの見極め方とは?  50歳から転職活動を始めよ …

no image
エージェント業界の特徴

エージェント業界の特徴とは?  50歳を超えての転職であれば、求人サイトを使うよ …

  • sinistrally