50歳転職方法まとめ|転職に苦労している方へ

*

キャリアプランニングについて

   

キャリアプランニングの重要性

 50歳で転職しようと決意した背景は人それぞれです。新しい仕事を探そうと考える、50代のビジネスパーソンが、日々の生活や家族に向き合ったときに考えるべきことはたくさんあります。

 例えば今の人生が本当に満足のいく内容であるのかどうか?どんな男女にとっても、「仕事」は人生のかなり大きな部分を占める要素です。50代の求職者であれば、今後の収支の見込み、社会保険や年金の話もつきつめて家族と話し合う必要もあります。

 自分と向き合うためのツールの一つとしてキャリアのプランニングはとても重要です。雇用延長の施策が国レベルでどんどん打ち出されている中、働く中高年が増えるのは今後間違いありませんし、人材市場も中高年の採用枠をどんどん増やしていくものと思われますが、そういう転職ブームに乗っかるのではなく、今一度、自分らしい就業について考えてみましょう。

キャリアプランニングの考え方

 今後の人生における「働く」ことの意義について考えたことはありますか?50歳ならまだまだ元気・・とはいえ、もうすぐ第二の人生が待っています。生活の基礎となる、お金と健康について困らないようにしたいものです。人によってはもっと家族と過ごす時間を増やしたいから在宅で出来る仕事がしたい・・・という気持ちをお持ちかもしれませんね。

 労働市場における自分の価値について、自己の能力の棚卸しも必要かもしれません。”市場価値が低い”と評価されるとがっかりするかもしれませんが、事務系の仕事を希望するならパソコン関連の資格なら2か月程度で合格できるものもありますし、まだまだスキルアップは可能です。

 若いころと同じ考え方で仕事に対するモチベーションを高めようと思っても難しいです。50歳以降は何か別の<仕事に対するモチベーション>が必要なのです。若いころは「課長になる」とか「年収アップする」でやる気になっていたかもしれませんが、50代以降は「自分をより高める」とか「会社に出来る範囲で貢献する」といった奉仕精神が求められます。

おわりに

 人材市場は拡大を続けていて、中高年に対するニーズもより多くのシニアをより多様な仕事内容で雇う会社が増え続けています。そういったトレンドの中でも、必要とされる50代は若い人にはないヒューマンスキルや一緒に働いていて楽しいユーモアが求められるでしょう。

 - 転職前に知っておきたいこと

  関連記事

no image
求められる人材とは?

企業の育成人材の変化とは?  従来の日本企業には終身雇用制度があり、競争一辺倒と …

no image
転職に時間がかかる人の特徴

転職に時間が掛かる人の特徴とは?     既に現職を退職している人の場合は、先行 …