50歳転職方法まとめ|転職に苦労している方へ

*

最低限知っておきたい試用期間についてのまとめ

      2015/12/24

試用期間を知る上でのポイント

 転職するなら、その先に待ち構えるであろう試用期間、この制度のことを知っておきましょう。各企業の試用期間についてはそれぞれが企業リサーチや面接等を通じて把握していかなければなりませんが、試用期間という制度の大まかな内容というか、世の中の大体の解釈というものは最低限知っておく必要があります。

 そのひとつには、試用期間は正式な採用をされた上で過ごす期間ではあるが、試用期間が明けた後と比較すれば、少し不安定な要素があり、労働者に不都合な部分も存在しているという点があります。転職者の適格性チェック期間と位置づけられ、数ヶ月間は給与も少し低めに設定されることもある。これがこの期間のデメリットとなりそうな点です。

解雇されるかどうかは企業次第?

 試用期間中は解雇されやすい状態、という声もちらほら聞こえてきますが、これは少し判断が難しいところなのかもしれません。全否定はできないものの、絶対にそうだとも言えないでしょう。

 少しズルい言い方をすれば、試用期間中に解雇されてしまうかどうかは企業次第なのです。確実に言えることは、入社後、その会社のルールを守りながら真摯に仕事と向き合うということ。それさえクリアできれば、試用期間中に解雇されてしまうことはほぼないと言えそうです。

試用期間の制度に問題があった場合

 転職した会社の試用期間の制度に問題があった場合には、幾つかの対処方法が考えられますが、年齢のことも考えれば、もしかしたらすぐに転職してしまった方がいいのかもしれません。

 50歳で転職を実現するのは確かに困難。しかし、試用期間の制度に問題のある会社にそのまま留まることの方が危険。ここに問題があるということは、働き続けても新たな問題が続々と出てきてしまう可能性が高いからです。

 思い切って新しい職場を見つけるのもひとつの選択肢であり、どうせそうするならば、その決断は早い方がいいでしょう。

【関連記事】
50歳で転職をするのなら円満退職しよう
転職に必要な入社手続きについて
途中入社の注意点とは
転職者が勘違いしないために必要な入社後の注意点

 - 退職・入社

  関連記事

50歳で転職をするのなら円満退職しよう

円満退職の意義  “転職したら今の会社とは縁が切れてしまうのにどうして円満退職を …

転職に必要な入社手続きについて

転職エージェントなら内定通知後の交渉も代行してくれます  長い苦しい転職活動の末 …

転職者が勘違いしないために必要な入社後の注意点

歓迎されているとは思い込まない  勘違いは本当に怖い、そして厄介なものです。勘違 …

途中入社の注意点とは

長く安定して働き続けるために・・・  50代で転職して新しい会社で働き始めること …