50歳転職方法まとめ|転職に苦労している方へ

*

求められる人材とは?

   

企業の育成人材の変化とは?

 従来の日本企業には終身雇用制度があり、競争一辺倒というよりは、集団の中での「協調性」や「チームワーク」を重視してきました。しかしIT化やグローバル化によって、企業の求める人材は「協調型」から「自主行動型」に変化しました。

 これまでは上から言われたとおりに働くことが求められてきたのですが、「自主行動型」は自ら考えて行動できる人材を指し、日夜激しく変化する市場に対して、想像力や発想力によって独自のプロジェクトを発案、成功させることができる人材が求められているようです。

 こうした人材はこれまでは外資系企業の中でしか働けなかったのですが、日本企業もいやおうなしに海外の市場に打って出ることを余儀なくされ、独自性や着眼力に秀でた労働者でなければ、戦力にならないという認識に変化しました。

求められる人材像とは?

 50代の転職者を雇う場合、会社が採用に当たって重要視するのは、即戦力になるかどうかという点です。過去にどういう会社でどういう責任を担って働いてきて、会社にどういう貢献をしたのか?という点を面接でしっかり伝えましょう。

 それから中高年には人間としての資質も求められます。管理職として転職した場合は特に、マネージメント能力の有無が問われますから、何人もの若い部下を率いてきちんと結果が出せる人材かどうか?という点が注目されます。

おわりに

 50代で転職を考えている男女が、転職先を探す際、職場では上から言われたことを素直に実行するタイプであるという点を強調しすぎることはありません。会社が中高年を雇うときに最大の懸念材料は、“中高年が会社の中の若い人たちとうまくコミュニケーションをとって働いてくれるだろうか・・・?!”という点です。年配者でもその職場では後輩なのですから、若い人の指示を素直に聞いて改善できる点は改善しなければなりません。

 しかし言われたことだけをする「指示待ち人間」の居場所は会社の中ではどんどん小さくなっています。自分から積極的に発言・発案する、新しいものには興味を示す、日々インプットを欠かさない・・・という主体的な努力が出来ない男女は若くても置いてきぼりを食らう世の中にシフトしたことを忘れないことが大切です。

 - 転職前に知っておきたいこと

  関連記事

no image
キャリアプランニングについて

キャリアプランニングの重要性  50歳で転職しようと決意した背景は人それぞれです …

no image
転職に時間がかかる人の特徴

転職に時間が掛かる人の特徴とは?     既に現職を退職している人の場合は、先行 …

'