50歳転職方法まとめ|転職に苦労している方へ

*

転職者が勘違いしないために必要な入社後の注意点

   

歓迎されているとは思い込まない

 勘違いは本当に怖い、そして厄介なものです。勘違いを勘違いだと理解しないまま存在すれば、周りの人から孤立したり距離を置かれたりするかもしれません。仕事も上手くいかないことが多くなってくるでしょう。

 転職者というのは、誰しもが歓迎されるものではないと思っておくべき。入社後、歓迎ムードはあるかもしれませんが、それが全ての人の本心であるとは思わない方が身のためです。

 もちろん、歓迎してくれる人もいるものの、特に年齢や境遇が近い人は、仲間というよりもライバルという形であなたのことを見る人の方が多いでしょう。それを歓迎してくれていると勘違いするとギャップが生じてしまうので注意しなければなりません。

求められていることを把握・実行

 何をすべきかというのを、自分だけで判断しないようにしてください。入社直後、そしてしばらく経ってから、その時々に会社や上司に求められることは変わってきます。その求められていることを把握することはもちろん、それをクリアできるような実行力も必要になってくるでしょう。

 何をすべきかを自分のみで判断し本当に求められていることを無視すれば、それは評価には繋がりません。自己満足で終わってしまいます。そんな虚しいことにならぬよう、真に求められていることを認識する努力をしなければならないのです。

提案や主張は慎重に

 年齢もそれなりにいっている転職者は、過去の経験から、入社後、新たな提案や主張を求められることも出てくるでしょう。自らそうした行動に出ようと考える人もいるかもしれません。ただ、入社直後の提案や主張は慎重に行う必要があります。

 それを口にしたらどう思われるか、まずはこれを考えるようにしましょう。既に何年もそこで働いている人であれば思ったことをすぐ口にしても、「この人はこういう人だから」という認識を周囲も持っているので、特にトラブルは起きません。しかし、新入社員が少し突拍子も無いことや的外れなことを言えば、「なんだこいつは」と思われてしまうはず。

 慎重に提案や主張を行い、その場の雰囲気を壊してしまわぬように気をつけなければなりません。

【関連記事】
50歳で転職をするのなら円満退職しよう
転職に必要な入社手続きについて
途中入社の注意点とは
最低限知っておきたい試用期間についてのまとめ

 - 退職・入社

  関連記事

転職に必要な入社手続きについて

転職エージェントなら内定通知後の交渉も代行してくれます  長い苦しい転職活動の末 …

途中入社の注意点とは

長く安定して働き続けるために・・・  50代で転職して新しい会社で働き始めること …

50歳で転職をするのなら円満退職しよう

円満退職の意義  “転職したら今の会社とは縁が切れてしまうのにどうして円満退職を …

最低限知っておきたい試用期間についてのまとめ

試用期間を知る上でのポイント  転職するなら、その先に待ち構えるであろう試用期間 …