50歳転職方法まとめ|転職に苦労している方へ

*

50歳の転職こそ面接後にお礼状を!

   

面接後にお礼状を出す意味

 50歳での転職活動は、これまでどのようなキャリアの積み方をしてきたかでも、明暗が分かれやすいと思います。シビアな言い方をすると、業界内で周囲に認められるキャリアと実績があれば、ヘッドハンティングまでいかなくても、人脈を活かして転職先を見つけるのは、難しくない年齢です。

 自ら求人を探している時点で、同じようなレベルのライバルが多いことを、きちんと認識しておく必要があるのです。そして、50歳での中途採用ともなれば、即戦力として成果をあげるのはもちろん、若手の育成・教育で手腕を発揮してくれることを求められることが多くなります。

 その際に重視されるのは、組織に溶け込める協調性や、これまでと異なる価値観に順応できる柔軟性など、人間性の部分です。それをアピールする手段の一つが、面接後のお礼状なのです。

お礼状で何をアピールすべきか

 50歳ともなると、面接官が自分より年下ということも、十分にありえます。そうした年下の面接官に対し、マナーを守ったお礼状を出すことで、「腰が低い」「礼儀正しい」という印象を与えることは、ライバルに差をつけることにつながります。

 お礼状の中では、面接の機会を与えてくれたことに対しての感謝の意と、面接を通して再認識した応募企業や募集職種の魅力、面接官との対話を通して、入社の意欲が高まったことを、自分の言葉で綴ります。応募企業のニーズにいかに自分がマッチしているかを、自己アピールするひとも多いようですが、面接できちんとプレゼンテーションできていれば、さらりと流す程度で十分なはずです。

 結びに感謝の言葉を添えれば、お礼状は完成です。社外向けのビジネス文書のフォーマットに則って、作成しましょう。

【関連記事】
50歳の転職希望者に求められる面接のマナーについて
面接対策は完璧にしておく
面接で口にすべきではない質問って?!
50歳が面接で確認したいことがあるなら

 - 面接対策

  関連記事

50歳が面接で確認したいことがあるなら

50歳の転職で気を付けたいこと  ここ数年、景気の回復と行政の後押しもあり、40 …

面接で口にすべきではない質問って?!

「人事異動はどのくらいの期間でありますか?」  どこの会社でもしばらく社員として …

面接対策は完璧にしておく

新聞の「経済記事」はしっかり読む習慣をつけよう  採用担当は面接の最中に「そう言 …

50歳の転職希望者に求められる面接のマナーについて

アイコンタクトはビジネスパーソンの基本の「き」  “希望の会社の面接で落とされた …

  • sinistrally