50歳転職方法まとめ|転職に苦労している方へ

*

50歳の転職成功への手順

 50代の転職では、それなりの事前準備が必要です。若い年代に比べて、社会人として働ける年数が限られている50代は、何かと焦り「一刻も早く行き先を決めたい」と考えてしまう人も少なくありません。そこで落ち着いて転職活動ができるようにまとめましたので、ぜひ参考になさってください。

転職の事前準備

  今すぐにハローワークに行って、気になる企業に電話をして・・・と焦りがちになる方が多いのですが、焦っていても得をすることは少ありません。自分の能力を生かし、やりがいのある仕事に尽きたいと考えるのであればなおさらきちんとした事前準備、心の準備も必要です。

【参考記事】
50歳の転職を早期成功させるための計画
50歳のビジネスパーソンなら自分の転職市場価値を知っておこう
転職に必要な期間って?!

求人情報を探す

 求人情報を見ていると、条件に合わないと嘆く50代も少なくありません。多くの場合では、これまでのプライドが捨てきれずに、自分の経験を大いに生かしたいと考えすぎていることも少なくはありません。会社が変われば、これまでと100%同じ仕事に就くということはほぼ不可能です。企業カラーがそれぞれあり、扱う商品や周りの仲間が変われば、仕事内容は変わります。「前の会社ではこれだけもらっていた」、「生活環境を維持したい」、「自分の価値はこれだけだ」 などという考えは一度捨てましょう。

【参考記事】
転職活動でよく利用している求人情報媒体について
ハローワーク一辺倒になってはいけない!!
転職エージェントに登録して新しい人生を踏み出そう!

応募書類の出来栄えが重要

50代での転職は、履歴書や職務経歴書の出来栄えがとても重要になります。面接の前に目を通してもらうとても大切な書類です。これまでの社会人の経験を通じて、まとまりのある文章をもって作成をしましょう。

【参考記事】
50歳の転職を勝ち抜く履歴書の基本とは
採用担当は50歳の履歴書のここをチェックする!
履歴書を作成するのに悩みがちなポイントって?!

面接で企業と自分が合うかを確かめる

 面接では、求職者側も大きなメリットを得られるチャンスです。直接会社に入り、面接担当者と話をすれば、社内の様子がつかめることでしょう。これまでの社会人経験を持っている50代だからこそ目が肥えているはずです。企業内の空気や面接官の印象から、自分と合うかどうか、企業の行く末などがなんとなくわかるはずです。

【参考記事】
50歳の転職希望者に求められる面接のマナーについて
面接対策は完璧にしておく
面接で口にすべきではない質問って?!
50歳が面接で確認したいことがあるなら
50歳の転職こそ面接後にお礼状を!

退職と入社準備

 見事就職先が決まれば、退職準備と入社準備に入ります。50代の転職では、長年お世話になった人、かわいい後輩や部下もいることでしょう。退職時には、お世話になった人に退職挨拶状やお礼状を出して、最後まで感じよく去っていくことが大切です。

【参考記事】
50歳で転職をするのなら円満退職しよう
転職に必要な入社手続きについて
途中入社の注意点とは
最低限知っておきたい試用期間についてのまとめ
転職者が勘違いしないために必要な入社後の注意点

公開日:
最終更新日:2015/12/24

  • sinistrally